TOP > すし幸のこだわり

すし幸のこだわり

すし幸のこだわり

一名様でも多くのお客様にすし幸の“味”と“心”をお届けする為・・・
“仕出し料理「寿司・鉢盛・お弁当」に力を傾注致します。”

お客様にご満足いただくために、新鮮な食材を新鮮なままお客様にご提供することだけでなく、
いつも季節を感じていただけるメニューや器にまでこだわったおもてなしを続けてきました。
有明海、玄界灘でとれた海の幸や地元福岡の山の幸をふんだんに使った
季節の仕出し・お弁当をお届け致します。

一客一亭

一客一亭

亭主と客が「一対一」の最も親密な茶事
心と心がひとつになる おもてなしの極み

馳 走

馳走

客のために、主人自ら走り回ること
転じて本当に心のこもったおもてなし

五亭五有

五亭五有

もてなす人 もてなされる人の心構え
当たり前のことを当たり前にきちんと

季 器 機

季器機

「この季節」「この器」そして「この機会」もてなしを成功させる三つの心配り

千 松

千松

もてなしはタイミングが肝心という事
時には熱いおむすびも心のこもった酒肴

1962年の創業から56年(2018年現在)。
伝統の味、おもてなしを守りながら、すし幸は更に進化し続けます。

昭和37年の創業から現在に至るまで、すし・割烹料理屋として続けてこられたのも、
ひとえにお客様皆様のおかげであると深く感謝いたしております。

今から56年ほど前、福岡の西湊町の一角に「すし幸」を開店致しました。
たくさんのお客様にご来店ご愛顧いただき、3年後の昭和40年10月には
店舗拡大のため移転、新店舗を開店することができました。

その後も「すし幸」は、新たな店舗や屋上ビアガーデンの開設、自家製辛子明太子の販売開始など、
お客様の様々なご要望にお応え出来るよう努力してまいりました。

時代が変われば、お客様の求めるものも変わります。

私たち「すし幸」は56年間お客様に支持され守り続けてきた伝統の味は変えることなく、
今まで御来店頂けなかったお客様方に対して、お一人様でも多くの方に私共“すし幸”の味と心を
お届けする為、この度、仕出し・お弁当に全精力を傾注する事と致しました。
皆様方の食卓に幸せをお届けする事を使命に、今後も進化を続け更なる歴史を刻んで参ります。

外観